少数生産のパガーニ・アウトモビリ

少数生産のパガーニ・アウトモビリ

少数生産のパガーニ・アウトモビリ

知る人ぞ知るイタリアの自動車メーカーがパガーニ・アウトモビリです。

 

ビデオゲームで「グランツーリスモ」をやったことがある方なら一度は目にしたことがあると思ますが、そうでない方でイタリア車に興味がない方はきっと初めて聞く名前ではないかと思われます。

 

通称、パガーニはランボルギーニにいたデザイナーが独立して作った自動車メーカーで、いわゆるスーパースポーツモデルだけを作る自動車メーカーとなっており、今までに2つの車を発売してきました。

 

パガーニ初めての車となったのがゾンダというモデルで、フェラーリとランボルギーニを足して二で割ったようなデザインのボディにドイツのメルセデス・ベンツのスポーツ部門であるAMGで作った6リッターから7.3リッターまでのV型12気筒エンジンをミッドシップレイアウトで搭載しています。

 

フレームのほとんどはカーボンとアルミを使って作られており、500psや600psのエンジンパワーもさることながら非常に軽いボディを持つことで優れた走行性能を持つ車となっていました。

 

2011年にはそのゾンダの後継モデルとしてウアイラを発売しました。

 

このモデルもゾンダと同様にメルセデス・ベンツのAMGで作ったV型12気筒エンジンを搭載しているのですが、ウアイラではツインターボ化したことによって、730psという更に優れた動力性能を持つことになりました。

 

この車にもカーボンファイバーが多用され、加えてチタンも使っているので非常に丈夫で軽い車となりました。

 

基本的にはスーパースポーツモデルのありがちが少数生産で事実上受注生産的なものとした扱われているのですが、日本にはちゃんとした正規代理店があり、お金さえあればすぐにでも買うことができるのです。

 

ランチアのように名が通った自動車メーカーでも正規代理店がないところがあるくらいなのに、パガーニにはそれがちゃんと用意されているということは驚きです。